いらないものを見極めよう

大きな家具を処分する際は、行政か業者に任せなければいけません。 業者は自宅まで来てくれる面がメリットですが、高額な費用が掛かるので安いことを優先する人にはおすすめできません。 行政を利用して、家具を処分しましょう。 そのためには、まず手数料を支払います。

安いことを優先しよう

使っていない家具が自宅に眠っていたら、処分してください。
ずっと自宅で保管しても、スペースを取られて邪魔になるだけです。
大型の家具は、行政に回収してもらうと安く処分できます。
その場合は、手数料を支払います。
家具の大きさによって手数料の金額が変わるので、自分が処分したいものの手数料をきちんと調べてください。
また地域によっても、手数料が変化します。

手数料を支払ったら、シールを回収してほしい家具に貼りましょう。
それが、手数料を支払ったという証拠になります。
証拠がないと、実際に手数料を支払っていた場合でも回収してもらえず、もう1回手数料を支払わなければいけないので無駄な出費が増えてしまいます。
行政は安く処分できる面がメリットですが、回収する日が決められています。
その日に出さないといけないので、いつ回収日なのか確認してください。
燃えるゴミのように、毎週回収するわけではありません。
1か月に2回ほどしか回収しないと地域もあるので、急いで大きな家具を処分したい時は注意してください。

ゴミ処理場に、直接家具を持って行く方法もあります。
すると回収してもらう時よりも、もっと安く済ませられるのでメリットが大きいですね。
自分で持って行かなければいけない手間が増えますが、安く済ませることを優先するなら頑張ってください。
その場合は、今から家具を持って行きたいと事前にゴミ処理場に連絡しておきましょう。
いきなり持って行っても、対応してもらえません。

おすすめリンク

料理好きな人にプレゼントしたいおすすめのだしは?

だしにもこだわる料理好きな人へのプレゼントはどんなだしがおすすめ?定番以外にもご当地のだしを紹介。

ペルシャ絨毯をインテリアに取り入れるアイディア

手仕事の繊細さと豪華さが融合したペルシャ絨毯。暖かみと高貴さをあなたの部屋に提供します。

渋谷で即日対応可能なiphone修理サービスをご紹介

画面修理から水没復旧まで。渋谷のプロによるiphone修理で完璧に復活させます。

通販のかつらのサイズはどうやって調べるべきか

通販でも販売されているかつら。実際に手にしていないとサイズが分からない。そんなときの調べ方!

シールを家具に貼る

手数料を支払うと、シールを受け取ります。 そのシールを家具に貼ると、自分は手数料をしっかり支払ったという証拠になるので、行政が回収してくれる仕組みになります。 家具を回収できる日が決まっているので、いつ出せるのか確認することも忘れないでください。

ゴミ処理場に持って行こう

直接ゴミ処理場に、持って行く方法もあります。 すると行政のスタッフに回収してもらうよりも、もっと安く済むのでお得ですね。 大きな車を持っている人は、大きな家具でも自分で運べるでしょう。 ゴミ処理場がどこにあるのか確認して、事前に連絡してから訪れてください。